揉砕機

環境機械:揉砕機

畳・剪定枝・建築廃材をすり潰す揉砕機! 廃プラもすり潰して減容固化!
(ヒーター不要)

当社の揉砕機は、石臼の原理を応用し、圧縮・混錬・すり潰します。 廃プラスチックをすり潰して摩擦熱で溶融します。新方式の廃プラスチック減容固化機。

粉砕機画像
揉砕機 製品概要・特長
1.発酵を促進
すり鉢形状のディスクで有機物廃棄物を圧縮・混錬・すり潰しを行うため、表面積が大きくなり、発酵し易い物性に変化させます。
2.処理目的に応じた設定が簡単
特許出願中のクリアランスアジャスター(隙間調整機能)により、揉砕目的に応じた処理変更がスピーディーに行えます。
3.メンテナンスが容易
油圧装置で外筒の移動が簡単に行えるため、メンテナンスが容易に出来ます。
4.新方式の廃プラスチック減容固化
廃プラスチックをすり潰し、摩擦熱で溶融させるため、ヒーターが不要です。 ランニングコストの低減にもなります。
畳専用破砕・揉砕ライン
一軸破砕機画像

揉砕機(ツイストミル)と一軸破砕機を組み合わせ、一次破砕から揉砕までを一貫して行うことが可能です。

減容固化ライン
一軸破砕機画像

ツイストミルと粉砕機を組み合わせ、一次破砕から減容・溶融固化までの処理を行います。 廃プラ、農ビ等をペレットにすることが可能です。

揉砕機TM-37
一軸破砕機画像
揉砕機 仕様
  TM-37 TM-75 TM-130 TM-220
■モーター (kw) 37 75 132 220
■処理能力 (ton/h) 0.2~0.5 0.4~1.2 0.7~2.5 1.2~3.5
■重量 (ton) 3.0 5.0 11 18
■適応品 古畳、剪定枝、建築廃材、い草、プラスチック 等

※処理能力は、参考データとなります。処理物、処理状況により異なります。
※本仕様は、装置改良のため予告無く変更する場合があります。
※テスト依頼も随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

納入事例

剪定枝のすり潰し、プラ材の溶融(ヒーター不要)などに

  • TM-11