ウエノテックス株式会社

AI搭載廃棄物選別ロボット URANOS 自動クレーンADLER

自動クレーンADLER AUTOMATIC CRANE

省人化、無人化を実現

自動クレーン「ADLER」は、ヤード内に貯留されている対象物の積載状態を
建屋上部に設置された画像センサーで認識し、排出に最適な部位を瞬時に解析します。

その情報は制御システムの指令により天井クレーンが最適な動作で掴み、
対象物を指定された位置に自動で供給します。

自動化

  • ・貯留ヤードから破砕機等への投入作業の完全自動化
  • ・重機投入オペレータの省⼈化、無⼈化を実現
    → 無⼈作業により危険作業を回避
  • ・クレーンで掴んだ対象物の重量を自動計測、データ管理
  • ・破砕機等の状態を監視した自動連動運転により対象物をスムーズに供給
  • ・クレーンに 「IoT」 を搭載し、工場管理、予防保全を実現

天井に取り付けたセンサーから平面だけでなく、正面、側面の3Dデータに表示されます。
投入物ヤード内の凸部分を測定し、クレーンにアドレス指示を出します。

天井に取り付けたセンサーから測定された平面、正面、側面の3Dデータ画像
写真の左から、平面、正面、側面を表示しています。

機能性

  • ・遮断機設置による貯留ヤード内への作業員の進入監視
  • ・全動作インバータ制御システムによるなめらかな運転動作

省エネ

  • ・インバータ運転による消耗品の⻑寿命化
  • ・回生エネルギーを電源に戻す省エネ運転

運転動画

人手不足は深刻化し、さらに業務に使える時間は短くなっています。
企業はこのような課題を解決するために、無人化・自動化が必要になります。
「ADLER」は、長時間の全自動運転が可能で、複雑な仕事を正確に安全にこなすことができます。

クレーン製造の豊富な実績と自動化への挑戦を融合させ、お客様第一の利便性を追求。
既設設備に合わせ、使い勝手と経済性を考慮した効率の良い運転方法をご提案します。

最適設計

搬送物の形状、性状、大きさによって
バケット形状及び能力/フローをご提案します。

クレーン、アタッチメントの種類

運転フロー例

運転フロー例の図

導入例

石膏ボード処理設備 納入例

ヤード内に持ち込まれた石膏ボードを処理設備へ投入するため「ADLER」を導入。設備への投入コンベヤに自動で搬送します。コンベヤには均等に投入できるよう、横行しながらバケットを開きます。

石膏ボード処理設備 納入例

設置例

選別装置への投入

破砕機や選別装置へ重機投入する人員/重機を削減することができます。

選別装置へ投入している様子

ベール品 搬送

破砕機やコンベヤへの投入以外に、単純な搬送にも使用できます。下記イメージはベール品を指定位置に積み上げしていく様子です。

ベール品 搬送